ニコ生の最もヤバい奴が三年越しのBANでチャンネル閉鎖の危機!

f:id:kenTya:20180417145418p:plain

ニコニコ生放送で最も影響力を持つ配信者"横山緑"さんが、度重なる違反行為によって、ついにチャンネル閉鎖一歩手前の通告をされたようです。

 BAN基礎情報

 

放送日:2015年1月6日12時
BAN日時:2018年4月11日
タイトル:暗黒放送 買った美顔器が二連続で不良品だった上に●毛が入っていた件(旧題、暗黒放送 昼ミド 放送)
URL:lv205930760
サイト:ニコニコ生放送、ニコニコチャンネル
処分内容:企業の名誉毀損によるBAN、一週間の放送禁止、一か月の新規入会禁止、次回違反時のチャンネル閉鎖通告

 

名誉毀損の有罪判決を受け、三年越しのBAN

 

"横山緑"さんはニコ生の人気配信者ですが、他人の悪口を言うことが放送の主題となっているため、多くの人間から恨みを買っています。悪口を言った相手から「違反報告」されてBANになることもあり、ときには違反報告をされることを防ぐため、違反報告をしようとした相手を恫喝するなど罪に罪を重ねることさえあります。

 

そんな"横山緑"さん。

ついに悪口が高じて、美顔器メーカーを誹謗中傷してしまいます。

 

その内容は、奥さんが購入した美顔器に謎の縮れた毛が混入していた、というもので、"横山緑"さんはわざわざ商品をニコ生で晒しながらメーカーにクレームをつける様子まで生放送をしてしまいました。

 

名誉毀損といえば、民事裁判を思い浮かべる人も多いと思いますが、"横山緑"さんの場合は極めて悪質だった上に、まったく罪を認めなかったため、刑事事件として裁判が始まることになってしまいます。

 

事件について解説する"横山緑"さんの旧友"シバター"さんの動画

youtu.be

 

その結果、めでたく有罪に。

 

珍しい事例として注目を集め、共同通信社をはじめとした各マスコミの記事にもなりました。

 

ネット生放送の発言で名誉毀損(共同通信2017年7月6日)

this.kiji.is

 

共同通信の記事は地裁判決のものですが、それからしばらくたった2018年3月、控訴を経て上告中だった"横山緑"さんの有罪が確定したことが判明します。

 

 

 

こうした流れを受けて"横山緑"さんの放送がBANされたのですが、このBANされた放送が、メーカーにクレーム電話を入れた当時の放送、つまり三年前のものでした。

 

三年越しのBANは異例だが…

 

三年前のものを今さらBANされるというのは、一見して酷のように思えますが、実際には逆です。むしろ"横山緑"さんは多くのユーザーから「優遇されている」と批判を受けてきました。

 

 "横山緑"さんは過去に18回BANされており、本来であればとっくのとうにチャンネルが閉鎖されていてもおかしくありません。「三年越しのBAN」という異例の出来事は、特別に優遇されていたからこそあり得たことともいえます。

 

ちなみに"横山緑"さんは、BANされた放送でも全く懲りておらず、自身がBANされたことを逆恨みし、現在のniconico運営責任者である"栗田穣崇"さんをひどい口調で罵っていました。

 

今回のBANに、栗田さんがどこまで関わっているのか不明ですが、栗田新体制に入ってから、ニコニコチャンネルのBAN優遇が改められていますし、全く無関係ともいえないかもしれませんが、当たり前のように誹謗中傷をしてしまうところが"横山緑"さんのすごいところかもしれません。

 

 

BAN事例 その13