温泉配信でポロリしたニコ生の女性配信者がBAN

f:id:kenTya:20180318171712p:plain

ニコニコ生放送で日光旅配信をしていた女性配信者二人。温泉に入る際も放送を続けるなどギリギリを攻めていましたが、案の定というべきか、ポロリが発生してBANになった事例です。

 BAN基礎情報

投稿日時;2018年3月11日
BAN日時;2018年3月12日?13日?
タイトル:
URL:
サイト:ニコニコ生放送
処分内容:一か月間の生放送禁止

今回は事案の性質上、匿名処理をしています。

BANされた放送の内容

主にニコニコ生放送で活動している女性配信者二人がコラボ配信。

二人で日光の温泉に行くという旅配信でした。

両名とも比較的、古株のニコ生主。

古参の配信者ほど「全部映したろ」の精神が強い傾向にあるので、浴場まで配信機材を持ち込んでいたようです。

そのうちの一人が、しっかりとタオルを巻かずに、バスタオルを脇で挟んだ疑似エプロン風のかたちでカラダを隠していたのですが、ちょうど湯につかろうと跨いだところでタオルの隙間から謎の黒ずみがコンニチハ。

かなりガバガバのムーブと防御だったので当然の結果となりました。

本人はポロリを頑なに否定しましたが、BAN

通常、ニコ生の運営はポロリに厳しく、だいたい放送中にBANされることが多いですが、この放送はリアルタイムではBANされなかったようです。

最近のニコ生は不具合も多いですが、BAN関係の監視体制でもスピードが遅くなってきている印象があります。

放送終了後、だいぶ時間をおいてからのBANとなりました。

まとめ

すでに述べた通り、ポロリしたのは事実ですが、それほど鮮明に映ったわけではありません。場合によってはBANされず、逃げ切れる可能性もあったと思います。

しかし最終的にBANはされたので、BAN基準としては、不鮮明でも明らかにそれが映っていると思われるムーブであればBANということになるのでしょうか。

BAN基準:ポロリは映像が不鮮明でもBANになることがある

 

(BAN事例 その8)